鹿児島市高見馬場電停前 小児歯科専門医(日本小児歯科学会認定)

むし歯についての考えかた

むし歯はまずは作らないことです。しかし、どんなに気をつけていてもできる場合があります。そういった場合でも即むし歯を削って詰めるわけではありません。
お子さんの年齢、虫歯のできた場所、生活環境などを総合的に判断して治療方法をお奨めしています。

年少者(3歳程度まで)のむし歯

比較的軽度のむし歯の場合は食生活指導と歯みがき指導を中心にすることで削ったり薬を塗ったりせずに様子を見ることがあります。
少し大きなむし歯の場合は薬(白い薬や黒くなってしまう薬)を塗る場合があります。
主に奥歯はシーラントという白い薬を塗ります。これは歯に詰める白いもののほぼ同じものです。
前歯には黒くなってしまうサホライドという薬を塗ることがあります。短時間で処置が終わるので低年齢児に向いている治療なのですがあとで薬を塗ったむし歯の部分が黒くなるという欠点があるので、誰にでも塗っているわけではありません。利点欠点を十分に説明をして希望された場合だけ塗っています。塗らない場合は経過観察をして、むし歯が進行しなかったら定期的に経過を追って、進行していた場合は削って詰める方向になります。
この年齢の子供さんのむし歯を治療する場合、かなりの確率で泣いたり暴れたりがあります。しかし、泣くのを無理にとめようとしたりはしません。暴れについては付き添いの方に手を握っていただいて対応できる場合がほとんどです。大暴れする場合には足などを動かないように保持することがありますが、器具やバスタオルで包んで暴れないようにすることはしていません。

3歳以降で暴れる場合

3歳を過ぎるとかなり理解力がついてきます。しかし、理解していても暴れてしまう場合があります。基本的には説得で対応していますがなかなか説得しても治療に協力してもらえない場合、付き添いの方に手を持っていただいて治療する場合があります。
大人を中心に診療している歯科医院で暴れて治療できなかったというお子さんでも治療ができます。

↑ PAGE TOP

ひとこと

■シーラントとは

奥歯の溝や前歯などの点状の穴を白い薬で埋めてそこの部分のむし歯が進まないようにする処置で初期のむし歯に行ないます。また、むし歯予防目的で行う場合もあります。
はがれたり欠けたりすることがあるので定期的にチェックしないといけません。

■サホライドとは
透明な液体ですがむし歯に塗ると反応してむし歯の部分が黒く変色します。う蝕の進行が抑制できますが、むし歯ができやすい食生活が変わらなかったり歯みがきがきちんとできないと進行することがあります。
むし歯でない部分の歯に塗ってもほとんど色がつきません。むし歯が目立たない部分にある場合は塗るのを選ぶ保護者の方が多いですが、目立つ部分にむし歯がある場合は保護者の方の考え方で塗る方と塗らずに削って詰める等ほかの治療法を選ぶ方に分かれます。